運動で成長ホルモンの分泌を高める方法

成長ホルモンの分泌を高めることで豊胸効果はあるのでしょうか。また、20代をすぎても胸は大きくなるのか・・・など、気になる人もいるはずです。ここでは、成長ホルモンがバストに与える影響などについて触れていきます。

成長ホルモンの分泌を運動で高めるには

成長ホルモンを分泌させる一番いい方法はやはり睡眠ですが(睡眠は誰でも毎日摂っていますしね)、成長ホルモンにはもう一つ分泌させる方法があります。

それが『運動』で、成長ホルモンを分泌させるために効果的な方法で運動をすることで、分泌を活発化させることができるのです。

そこで今回は成長ホルモンを分泌させる運動についてお話していきますね。

そんなにむずかしくないのでぜひチャレンジしてみてください。

ではその運動方法ですが、まず始めに言っておくと過度な運動は逆効果です。毎日毎日行う長時間のトレーニングなど、過度な運動を成長期に行うことで、足にはしっかりとした筋肉が付き、骨の伸びを妨げてしまいます。

以上のことを理解したうえで効果的な運動方法とは、それは筋力トレーニングです。ただ、やりすぎはいけません。時間にすると15分〜20分程度でも充分です。

ここで大事なのは筋力トレーニングにより筋肉に負荷をかけ乳酸を沢山発生させることです。筋肉に負荷がかかり破壊されると、それを修復しようとして成長ホルモンが分泌されますので、この点を覚えておくといいでしょう。

そしてもう一つ大事なこと。それはトレーニングの後は休息をとることです。成長ホルモンが分泌されている時間(大体3時間程度)にはしっかり体を休め、体の回復を待つようにしましょう。

これら2点に気をつけ効果的な運動を行い、成長ホルモンを分泌させて下さいね。筋力トレーニングについては色々な方法がありますので、自分に合ったもの、続けられそうなものを選ぶといいでしょう。

成長ホルモンの豊胸効果