成長ホルモンと睡眠時間の関係

成長ホルモンの分泌を高めることで豊胸効果はあるのでしょうか。また、20代をすぎても胸は大きくなるのか・・・など、気になる人もいるはずです。ここでは、成長ホルモンがバストに与える影響などについて触れていきます。

成長ホルモンと睡眠時間の関係

成長ホルモンの分泌を活発化させるためには、睡眠時間をしっかりと確保することが非常に大事です。

なぜならば、成長ホルモンの分泌は就寝中に活発になるからです。

そのため、しっかり睡眠時間を確保することが成長ホルモン分泌の活発化につながるということを忘れないようにしたいものです。

よく、『寝る子は育つ』と言いますよね?

これは寝ているあいだに成長ホルモンの分泌が活発化し、それにより体の成長をスムーズにすることができるからなのです。

そしてもう1つ、風邪をひいたときや体調が思わしくないときなど、『しっかり寝たらすぐ治る』とよく言われますよね。これは格言というより子供のころなどに親に言われた言葉でしょうが、まあそれは置いておいて、これも就寝中に成長ホルモンの分泌が活発化することから、しっかり寝て成長ホルモンを分泌させ免疫力を高めるため、なのです。本当に格言や昔から伝わる知識は理にかなったものばかりですね。

成長ホルモンが分泌される時間

成長ホルモンが分泌される時間についてもっと詳しくお話してみましょう。

成長ホルモンの分泌は、寝始めて1〜2時間後、22:00から深夜2:00頃が重なった頃に活発になります。

つまり、夜、深い眠りに入ったときに分泌が活発化する、という事ですね。

ちなみに就寝時はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していますが、深い睡眠はノンレム睡眠のほうです。そのためノンレム睡眠の時間を増やす、というのも大事です。

深い眠りの回数を増やすには、就寝を開始する時間を早める工夫が必要になります。

特に体を大きくする成長期は、できるだけ早くしっかり寝たほうが成長ホルモンの分泌も活発になり、よりしっかりと体を大きくできるでしょう。

成長ホルモンの豊胸効果